カードローンの審査の基準は?

カードローンの審査に通るための最低条件とも言えるのが、働いていて収入があるということです。日払い労働でも働いているなら可能性がありますが、1つの会社で継続して働いていることが理想です。専業主婦の人は、総量規制がかからない銀行カードローンならば借りられる可能性があります。銀行や信用金庫では専業主婦向けの商品を用意していることもあります。また、専業主婦の人でも、配偶者貸付を利用すれば消費者金融で借りられる可能性があります。

カードローンとは、50万円以下の小口融資のことを指すので、正社員であるか、非正規社員であるかはそれほど重要ではありません。アルバイトでも、毎月安定して収入があるなら審査に通る可能性は十分にあります。もちろん、大きな金額を借りようとするほど、正社員で安定して高収入を得ているということが重要になってくるでしょう。

カードローン借り換えの審査の基準で、ある意味最も重要なのが、個人信用情報です。過去1年間に延滞を1回でもしている人は、銀行で借りることは難しくなります。なぜなら、ほとんどの人は延滞をせずに期日を守って返済をしているので、1回でも延滞の記録がある人は目立ってしまうからです。消費者金融なら、1回や2回の延滞ならば大目に見てくれることが多いようです。また、他社からの借入件数についても、少ないほど信用が上がります。他社からの借入件数が3件以上ある場合には、最初から消費者金融に申し込むのが時間の節約になるかもしれません。もちろん、審査では総合的に判断がされるので、マイナスポイントがあってもそれ以上のプラスポイントがあるなら、可能性はあります。